メインの内容へジャンプ 男子寮,女子寮,中央大学,志法寮

本文はココからです。

志法寮管理運営規則

第1条(趣旨)
この規則は,第一志法寮及び第二志法寮(以下「本寮」という。)の管理運営について必要な事項を定めるものとする。
第2条(目的)
本寮は,中央大学法科大学院生に良好な勉学と生活の環境を提供し,その修学を容易にすることを目的とする。
第3条(本寮の管理運営責任者)
本寮の管理運営責任者は,株式会社 虎ノ門法曹ビル(以下「貸主」という。)である。
第4条(入寮願)
本寮に入寮を希望する者は,所定の書類を添えて貸主に申し込むものとする。尚,入寮申込資格のある者は,中央大学法科大学院に合格して入学手続をした者又は同法科大学院に在学する学生であること。
第5条(入寮選考)
入寮者の選考は,貸主において定める下記項目について,本寮入寮選考基準に基づき,貸主が行う。
  1. 入寮希望の理由
  2. 経済状況
  3. 通学状況
  4. その他
第6条(入寮許可)
入寮許可は,前条の選考の結果に基づき,貸主が行う。
第7条(入寮手続)
入寮を許可された者(以下「寮生」という)」は,指定された期限内に,所定の手続きを経て入寮しなければならない。
第8条(入寮許可の取消し)
貸主は,入寮を許可された者が入寮の手続を怠ったとき,若しくは指定された期日までに入寮しないとき,又は入寮手続の過程において虚偽の申請をしたことが判明したときは,入寮許可を取り消すものとする。
第9条(在寮期間)
寮生の在寮できる期間は,貸主と定期借家契約で定めた期間満了の日までとする。
第10条(賃料等)
賃料及び光熱水料等の経費は,貸主との賃貸借契約に従い寮生が支払う。
第11条(施設等の保全)
寮生は,居室,共用施設その他の施設を常に正常な状態において保全することに意を用い,次の各号に定めるところに従わなければならない。
  1. 許可なくして施設,設備,備品等をその目的以外に使用し,又はこれらに工作を加えないこと。
  2. 故意又は過失により施設,設備,備品等を滅失又は損傷したときは,その原状回復に必要な経費を弁償すること。
  3. 防火,防災,保健衛生,その他管理運営上の必要からする貸主の指示に従い,これに協力すること。
第12条(生活規準)
寮生は,寮生活が集団生活であることを常に自覚し,他の寮生に迷惑となる行為をしてはならない。
2 本寮は,寮生の自主管理で運営するものであるので,ゴミ捨て,トイレ・ シャワー・廊下・階段等の清掃は,寮生が当番制で行うものとする。
また,シャワー・流し等の使用時間等は1階・2階のそれぞれの寮生が協議のうえ決定する。
第13条(退寮)
退寮を希望する寮生は,原則として1ヶ月前までに書類をもって貸主に提出しなければならない。但し,契約期間内に退寮した場合,前納した寮費は原則として返還しない。
2 寮生が次の各号のいずれかに該当するときは,貸主は退寮を命ずるものとする。
  1. 賃貸借契約に定める契約期間が満了となったとき。
  2. 賃料等の支払を怠ったとき。
  3. 疾病その他により保健衛生上共同生活に適しないと認めるとき。
  4. 著しく学生寮の秩序を乱す行為のあったとき。
第14条(禁止事項)
本寮を使用するにあたって以下のことを遵守すること。
  1. テレビを持ち込まないこと。
  2. 禁煙とし,喫煙者の入寮は認めない。
  3. 灯油・ガスその他引火性のものを用いる器具の使用禁止。その他室内に火気を使用するもの(キャンドル・線香等)は一切禁止する。
  4. 寮内に寮生以外の者を入室させないこと(荷物の搬入等は除く)。
第15条(連絡事項)
寮内において緊急に連絡する必要が生じたときは,貸主の指定する会社に連絡する。
第16条(その他)
この規則に定めるもののほか,本寮の管理運営に関し必要な事項は,貸主
において定める。

ここからはカテゴリ内ナビゲーション

  • 株式会社 虎ノ門法曹ビル
  • 〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-3 虎ノ門法曹ビル TEL:03-3519-2675 FAX:03-3519-2677